from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2017年9月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月
12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17
/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月

アロー

17.9.27

 新郎新婦の姿を見たいとのご要望があったので、写真をのせます。左が新郎のアロー君、隣が新婦ティタックさん、その隣はバリ一番の芸能プロダクションのボス、オカさんです。アロー君、ティタックさんは人気ダンサーでご覧のように笑顔が素敵。この日は夜遅くまで、大勢の来客一人一人に声をかけて気を使い、名ホスト、ホステス振りでした。夜は勤め帰りの若者たちがいっぱいで、皆から祝福された結婚式でした。

結婚式の飾り

17.9.21

 バリの結婚式で使う飾り物。天然の棕櫚や葉っぱや花を使って村のみんなで作る。中央のは人型で顔の表情もなんとも可愛らしい。今日の新郎新婦アローくんとティタックさんは有名な人気ダンサーなので、これは衣装を着たダンサーに見えてくる。実際、彼らの結婚の装束は豪華ですばらしい。早朝から夜遅くまで、伝統にそった儀式を行い、ふたりの門出は大勢のお客に祝福されていました。

バイヨン寺院

17.9.12

 カンボジア、アンコール・トム のバイヨン寺院の前に立つお坊さん。バイヨン寺院には昔の人々の生活が壁面レリーフに彫ってあり、様々な人がここをおとずれて住んでいたことが絵巻物のようになっていて面白い。この寺院は仏教のお寺で、今も昔も変わらず、仏教徒が祈りにやってくる。修行僧はオレンジ色の布を巻いているからすぐわかる。「ありがとう」と握手しようとしたら「私には触れられません」と言われた。この世は不浄なんですね。

アンコール・ワット

17.9.8

 カンボジアといえば、アンコール・ワット遺跡。ヒンドゥーの神様ヴィシヌ神を祀った壮大な遺跡だ。今は古い石の色だけど、昔は金色に輝いていたらしい。メコン河流域は自然も豊か。古代から交通の要所で、中国、インド、タイなどから大勢の人が集まってきて栄えていたという。それにしても規模が大きい。この周辺には沢山の寺院遺跡が点在していて、最近も新たに発掘されたというから驚きだ。